だかーぽな桜のめいぽ日記

オンラインゲーム「メイプルストーリー」のあんずサーバーで活動している桜の日記です(〃 ̄ー ̄〃)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

異議(Lv5)

これはひどい


>なぜ、教養も責任感もある人が、自分と違うことを言っているのだろうか

<それはあなたに教養が無いからですwww

「論理としては」放射線の人体への影響は、個人の意見とか哲学ではなく1つの答えしかありません。(後述)



ある程度、客観的思考能力のある方なら既にご存知だと思いますが、

武田邦彦氏って「専門家」の中で最もタチの悪い部類の人間だから絶対に耳を傾けない方がいいです

理由は2つあって、

①間違いが多い反面、正しい事も言っている点
②誰にでも分かるようなものすごーーく分かりやすい説明しかしない点



正しい事も間違った事も言う人は、知識の無い一般人にはそれらが判別できないという点で

間違った事だけ言う人よりもよっぽどタチが悪いです。

Wikipediaにこれだけ批判が書かれている時点で、耳を傾ける価値の無い人物だという事は明らかなはずなんですけどね・・・②のためでしょうorz


見て分かると思いますが、彼の主張は知識の無い人にもものすごく分かりやすいです。

でもそれって、残念ながら有り得ない事なんですよね。

( (1)原子力安全委員とか(2)新聞記者とか(5)地方自治体の人がどうかは知らないですけど、)科学者なら放射線の人体への影響の判断基準は、個人の思想でも哲学でも何でもなく、統計学(疫学)、ただそれだけです。

ですけど、統計学的な検定の仕方を知識の無い方に説明するのは残念ながら不可能に近い。(時間的な意味で)

これだけ誰にでも分かりやすくて正しいっていうのはまず有り得ない事だと思った方がいいです。

心に余裕の無い人たちが、こういう分かりやすい文章に騙される事で 風評被害が広がっちゃうんでしょうね。

事実をきちんと理解しようと思ったら、こんなに分かりやすいお話なわけがないんですよ・・・。



書かれているような哲学を展開している人も居るんでしょうけど、科学者や国の判断基準は統計学(疫学)だけです。

100mSvまで「大丈夫」なんて誰も言っていません。ちゃんと「ただちに」影響は無いと言っているでしょう(笑)

これは「放射線は浴びないに越した事は無いけど、統計的に有意でない影響は気にしても無意味。もっと考慮すべきリスクが他に沢山ありますよ。」といった意味でしょう。

武田氏はこれを哲学にすり替えようとしているのか、いやここまで辿り着けてない可能性が大ですが^^;

これは思想とか哲学ではなく、論理です。

なぜなら、、、上岡さんのあの言葉を思い出して下さい。

証明できないんやから、否定も何も、なんですよ。(3:00辺りから)

科学的、論理的な立場とは、「有る事」を証明するものです。

科学者が科学の根本である論理を否定するのかな?


放射線が危険か危険じゃないかの二元論で言ったら、放射線は危険に決まっています、でも現状の線量では気にしても無意味です?

「じゃあどうすればいいねん!」っていうのが多くの国民の皆さんの心の声なんでしょうけど、

それは自分で決める事です。

これだけ沢山の情報開示がされていて、避難も出荷規制もされてるんだから(飯舘村の件は許せないが。)、これ以上面倒見ろとかアホかと。

自分の身は自分で守った方が絶対にいいです。

論理的な答えとしては「気にしても無意味」ですけど、それを元にどう動くかはどちらでも正しいです^^b

その際、ぎゃーぎゃー騒いで風評被害を広めて他人の命を脅かすような事だけは絶対にやめましょう。







人間社会はまず、感情論よりも論理で判断して動かさなければ世の中滅茶苦茶になってしまいます。

安心よりも安全、と言うと分かりやすいかな。

もちろん、理性(論理)で判断して間違っていた事例も多々あるでしょうけど、

どちらが確からしいか、優先すべきかは言うまでも無い事なので認めてもらいます。


つまり

(a)原発賛成・反対

に関しては色々な意見があっていいんですけど、

(b)現在の日本全国(一部除く)の微量な放射線を必要以上に気にする必要性があるかどうか

に関しては、まともな科学者なら誰だって「気にしても仕方ない」と言います。(もちろん浴びないに越した事は無い)

その結論が出せない科学者が居たら、それは統計学も知らない バ科学者でしょう。



◎「証明できなければ無」っていう感覚が、論理とか数学を考えた事が無い普通の人たちにはなかなか受け入れがたいんでしょうねー。
そうしなければ(行動基準をまず論理>感情にしなければ)他人の命まで脅かしてしまうという事に気付くべし。


◎それとリスク管理の優先順位について。
ここまで自分の命が「絶対安全だ」と思い込んでいると、何かあった時に守れる身も守れなくなる気がします。
(今回に関しては、風評被害で自分ではなく他人の命を奪おうとしているので尚更ひどい。)






あれだけ理性的で論理的で尊敬していた彼が、原発事故以降ここまで理性を失って感情に走ってしまうとは・・・。

武田氏を紹介し始めたとなると、完全にパニック状態に陥っていると言わざるを得ない。。。

きっと心が優しすぎるんですね。

だからこういう時には、理性よりも人間としての感情が勝ってしまったのでしょう。

しかしこういう時だからこそ、理性的な人間はより理性を保ってパニックになった周りの人たちを落ち着けてあげなきゃいけないんじゃないか。あなたまでパニックになってどうする・・・と5歳ぐらい年下の分際で思いました@p@






まとめ

①放射線の人体への影響は、哲学ではなく統計学(疫学)。

②安心よりも安全(感情論よりも論理)を優先させなければならないのは明らか。(公理とさせてもらう)

③論理的には、証明できないなら無。

④(一部を除く)現在の日本全国の放射線量では健康被害は証明できない。よって、必要以上に気にしても仕方がない。

⑤以上を元にどう行動するかは自分が決める事。

⑥他人に迷惑をかけるな。
 
 
 
 
 
 

テーマ:メイプルストーリー - ジャンル:日記

リアル | コメント:0 |
<<いざ!(Lv5) | HOME | 患者の体内(Lv4)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。