だかーぽな桜のめいぽ日記

オンラインゲーム「メイプルストーリー」のあんずサーバーで活動している桜の日記です(〃 ̄ー ̄〃)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

隠れて不倫する時(Lv4)

>血液型占いは禁止すべきです。人権侵害と感じませんか?B型の人は、人によく差別を受けます。血液型で人を差別するのは人権侵害です。

欧米人に、「血液型何? 」と聞くと、「お前は医者か?そんなもの知らん」と言われます。私のような国際派の人になれば、世界的に見ても血液型占いは無意味なものであると知るでしょう。

また、ドイツでは、血で人を差別する政策を採っていた時期があったので、そんな事を聞く人は危険な思想を持った人扱いされます。
私にはドイツ人の友人が居ましたが、聞いた時、とても不愉快な顔をして、「黙れ!」と言われました。私は、血液型占いは、差別であり、人権侵害だと思います。




>血液型性格診断ってただの人権侵害ですよね?

生まれつき持ったもので、変えることが出来ない(骨髄移植を除く) 血液型で性格を決めつけて判断する人って最低ですよね?ただの差別ですよね?
いまだにそんなことをして比べたがるのは日本人の悪い癖だと思います。
どんだけあたま悪いんですか?
それにABO以外にも血液型の種類ってもっとあるはずでしょう? 血ヲタは無知を晒してどうするんですか?




「血液型 性格 人権」で検索してみると、性格を勝手に決めつけられ差別されて辛い思いをした人が本当に多いみたいですね。

AB型やB型じゃなくて本当に良かったと思う((

A型やO型の人は「そんな下らない事を言ってる奴は気にしなければいいだろ」と思うかもしれないけど、実際に差別を受けた人はとてもじゃないけどそんな風には思えないでしょう;


最近では彼らの事を「血ヲタ」と呼んでいるそうですね。

血ヲタには、というか疑似科学を信じている人間には2種類あると思います。

コミュニケーションツールや遊びとして使っている人間と、本気で信じている人間の2種類です。

前者の人間が周りに居るなら、上の事を教えてあげればきっとすぐにやめてくれますね。

では、後者の人間が周りに居たならどうすればいいか?

まず、なぜ有りもしない事を本気で信じているのかを考えなければいけません。



私は少し前まで、それは人間の心の弱さが原因だと思っていました。

宗教が無い日本では、あらゆる事になにかとそういう法則を付けて、それを信じる事で心の安心が得られる、人間の心の弱さの拠り所だ、と。

メイプルのchとドロップの関係や、書の成功率の話は前にしましたよね。

「ただ『確率』で失敗しただけです(出なかっただけです)」と言われると感情のやり場が無くなります。

それをch、場所という理由を付ける事でやる瀬ない気持ちが少しだけ救われる、楽になるわけです。

人間の心の弱さが原因ならそれは仕方ない事ですね。

血液型ゲルマニウム幽霊だけはやめましょう、という事でw


幽霊は別に他人に害は無いんですけどね・・・本人のために良くない。

日常的に幻覚が見えてる危ない人、 頻繁に「この辺は霊感が・・・」云々言って来る人と付き合いたい人間がどこに居ますか?っていう話です。

友達を無くす前にカウンセリングに行きましょう。



論理的思考能力が無いために正否の区別が出来ない。

人間出来る事、出来ない事があるので、これも仕方ない事ですね。血液型とゲルマニウムと(略




これが一番大きいらしい、「長年の経験」をしたつもりになっている人。

どんな理屈を言われようが、自分が長年生きて経験した事だから間違いない、と。

もちろん疑似科学ですから、それは たまたまだったり、自己成就予言です。

特に年を取っている人ほど、自分の長年の経験を否定されるという事は、今までの自分の人生を否定された事のように感じるから、

何を言われても絶対に受け付けない、頭が閉鎖的になっているわけです。

ここよく見て→「血液型なら、ほとんどの人は『これに関しては大雑把、あれに関しては几帳面(こだわる)』っていう、場合によって二面性があってしかるべきで、あらゆる面において几帳面(or大雑把)っていう単純な人はあんまり居ないんですよ。ですからこの件に関して、A型(几帳面)と言ってもO型(大雑把)と言っても当たりになるわけですね。」

←この文章を見ただけで、普通の人ならもう血液型なんて無いなって思うのが自然です。

そう思えない人、「でも・・・」とわざわざ反論を考えてしまった人はちょっと危険。他人に何を言われても受け付けないようにブロックする頭、しかも間違った方向でがちがちに固まっちゃってるわけですからね。

さて、そういう人が周りに居た場合にどうすればいいのか?

・・・正直手に負えないと思います;;

理屈は駄目、実際に反例を見せたとしても自分の理屈に合うように受け取るでしょう。

こういう人間を作らないためにも、若い頃の早期の疑似科学教育というものが必要かもしれないな、と思いました。

「経験」したつもりになっていない、頭が柔軟な若い頃に。

もし小中学校の先生で見ている方が居ましたら、時間のある時に是非話してあげて下さい!!

・・・小中学校の先生で信じてる人が居たらどうしようもないな;

そんなゴミクズが居たら、お願いだから教師やめて下さい・・・。

暴言である事は重々承知しています。だけども、子供に人権だとか差別しないっていう事を教えるべき立場の大人がそっちの側だったら、それは本当に危険な事だと思います。



ほとんどの人が血液型なんて無いと思っている昨今で、それでもなお信じている一部の信者によって、それがとんでもない方向に走ってしまうのではないかと・・いう恐怖を感じずにはいられない今日この頃です。

血液型と性格、病気のなりやすさ、蚊の刺されやすさは全く関係がありません。血液型は何の意味も持たないただの記号です。
 
 
 
 
 
 

テーマ:メイプルストーリー - ジャンル:日記

科学論 | コメント:0 |
<<明日によって(Lv3) | HOME | 戦士の最後のお茶(Lv4)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。