だかーぽな桜のめいぽ日記

オンラインゲーム「メイプルストーリー」のあんずサーバーで活動している桜の日記です(〃 ̄ー ̄〃)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2つの出口(Lv3)

 
こんちゃw

Maple529f

Maple530f

最近は「焦がしねぎ」にハマってますw

ごま油でねぎと生姜を焦がした鍋・フライパンで料理すると、

出来上がった時のねぎの風味が絶妙っすb






メイプル


Maple531f

散歩路でまさかの「デトックス=疑似科学」発言ww

メディアで叩かれたりしてるんですかねー??



魔力手60はスリピガチャで出るらしく。

出回り始めたのは、やはりつい最近みたいですね。


ももさんに確保していただきまして・・・



Maple528f

成功!

4連+1、メーカー以前の5連と同じ魔力です。

ありがとうございます><






続きから科学論。

話の論理展開もいまいちだったので、今までのは忘れていただいて構いません;p;

そもそも科学とはどうやって作られているのか、そこから話します。



続き
 
 
 
 
 
人間科学は、「実証科学」と言われます。

ある理論は、実験によって実証されて初めて確立されます。

・たまたまその結果になった可能性は?
・求める結果のための誘導的な実験になってしまう可能性は?
・実験方法自体が間違っている可能性は?

実証科学の強みというのは、むしろその後の数多くの実験にあります。

1つの実験によって理論は確立されても、

その後、世界中で何百、何千と類似の実験や

その理論に関連のある実験がなされます。

生き残る理論は、その何千の実験でも一切の矛盾が無かったものだけです。


無矛盾というだけで、100%ではない。

しかし、世界中の科学者達が類似の実験をしても一切の矛盾が無い。

これほど100%に近いものは無いのです。



そうは言いましても、パラダイムシフトというのはいつの時代にもあるわけですね。

  ※パラダイムシフト:一度確立され、以来当然とされてきた科学概念 が否定される事

やはり有名なのは、ニュートン力学→相対性理論 へのシフトですかね。

当時の価値観ではとてつもない変化で、最初は誰も受け入れようとしなかった。

そして、いまだに相対論を否定しようとしている輩が居るのも事実です。

物理学を知らない人はたいてい勘違いしてると思うんですけど、

「アインシュタインがわけの分からない事を言い始めたけどそれが正しかった」みたいな。



NoNo.

相対性理論というのは、典型的な論理体系のもとに成り立っています。

①ある仮定を認める
②そこからは数学的手法
③結果


  ①この仮定は実験によって証明されました。
  ②数学は論理です。
  ③よって、仮定さえ正しければ②から③への結論は何の疑いも無い。


数学が論理というのは、

高校までの計算オンリーの算数しかやってないと 分からないかもしれないので少し説明します。

数学体系には、「公理」と呼ばれる仮定が必ず存在します。

「これだけは明らかに正しいから証明する必要性は無いでしょう」という仮定です。

もっと言えば、これは証明出来ないんですけどね!

「この公理を認めると→こういう定理が成り立ち→さらにこういう定理が導かれ」

という風に論理展開して行くのが数学です。

高校までのは、

証明無しに結論を全部教えられて、あとは受験のためにひたすら計算問題!

って感じですね。

数「学」という学問ではなく算数だろ、とよく言われるゆえんです。



相対論が論理体系であるという事は分かっていただけたでしょうか??

この数学的な事実を現実世界に当てはめた という所で、アインシュタインは飛躍していたのです。

では、相対論を否定したい輩はどうすればいいか・・・?

当然、①の仮定が否定できれば論理は全部崩れるわけですね。









しかし!!!

ここで実証科学の強みが出てくるのです。

仮に①の仮定が間違っていたとしましょう。(高い精度の実験ですから、これもまず有り得ない)

しかし今までに何十という、相対論でなければ説明できない実験事実があります。

これはどう説明するの?って話。


結局、「相対論みたいなもの」が無ければ説明は不可能。

相対論を否定しようと思って出来るのは

せいぜい「相対論をちょっと修正できました」ぐらいなんですよね。

ここが実証科学の強み。

一部を否定できても、その後の類似実験の結果までは否定できないという事実。



さてさて、パラダイムシフトの話でしたね;;

99%正しいと思われたニュートン力学は否定されたわけですが、

勘違いしちゃ行けないのは、ニュートン力学→相対論 も修正でしかないという事。

「相対性理論によって、今までのニュートン力学は完全に破綻しました」というのは間違い。

科学技術の発達により、高い精度の実験が出来るようになり、

修正しなきゃ行けない事実が見つかりましたよ、という程度の話。

日常で扱うほとんどの運動学は、今もニュートン力学で説明できます。

相対論が必要になるのは、ごく一部の現象だったりするのです。

こんな感じで科学は進歩して行くわけっす。






科学論を話し始めてから、「論理」という言葉をもう100回近く使っていると思います。。

私は科学哲学に対しては、何でもかんでもまず疑って見てしまう反骨精神の塊です^p^

そんな私が初めて相対論を聞いた時、

「へぇそうなんだ。」の一言で何の疑いも無く全てを受け入れた。

先程も書きましたが、論理としては何ら間違っていません。だから疑う余地も無い。

これは自慢できる事だと思っています。

当時、相対論を疑った人間を否定するわけではありません。

時代の価値観というのはそれぐらい大きなものでして。(科学・哲学以外にも通ずる)

科学は主観や直感的な意見ではなく、客観的な事実です。

偉そうに言っている私でも、「これだけは信じたい」という主観的な考えもあるので悩ましいのです;p;







最後に、ナルすぎる私の座右の銘を。。

宇宙の創世を神と定義するならば、神は誕生した瞬間に死んでいる

赤さんに、「キモいけど確かにそれは本質だよなー。」と言われた私の人生観です^-^;

今までの話が完璧に分かっていれば理解できるのかなー@@?

難しすぎるか。。。






今回は肯定的な部分しか書かなかったので、

次回は人間科学の不可能性について書く予定です。

科学を信じたくない人は必読!w

ではでは^^

Maple532f



(何か間違ったこと書いてたら教えて下さい><)
 
 
 
 
 
 

テーマ:メイプルストーリー - ジャンル:日記

科学論 | コメント:2 |
<<星屑(Lv3) | HOME | アルミが?(Lv4)>>

この記事のコメント

〆が間違ってますよ><
めずらしくキリッ☆な桜君だったのに^

2009-08-18 Tue 18:20 | URL | 桃 #SFo5/nok[ 編集]
ふむふむ、分野違いの専門的な話を聞くことはあまりないですがやはり勉強になります。
今も昔も革新的な事にはなかなかついていけないことがありますよね・・・。
きっと自分も否定しちゃう側の人間か、何もわからず万歳しちゃう人間のどちらかですわ@p@
2009-08-22 Sat 13:25 | URL | 漱石 #jISoVqTc[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。